ホワイトニングの副作用

ホワイトニングの一般的な副作用

ホワイトニングは、専用の薬剤を使用することや、歯に薬剤の効果を浸透させるためレーザー光を照射することもあるため、施術前には効果のみならず副作用に関しても検討する必要があります。

ホワイトニングの副作用として最もよく言われているのが、知覚過敏に関する問題です。

知覚過敏とは、例えば、アイスクリームやかき氷といった冷たい食べ物を口にした際に、歯にしみるような痛みが走る症状で、刺激物を口にするとツーンとした痛みを感じてしまうことです。

ホワイトニングの薬剤として、消毒液の成分を有したものを使用していることから、この薬剤が歯の象牙質に触れることで知覚過敏の症状が出てしまう副作用があります。

しかし、この副作用は一過性のものである場合がほとんどで、仮に持続するような場合でも知覚過敏用の歯磨き粉やフッ素が配合された歯磨き粉を使用することで治めることが可能です。

ホワイトニングの安全性

ホワイトニングの施術を受ける際に、使用する薬剤や施術内容が身体に害を与えないか、安全性が気になるところとなるでしょう。

ホワイトニングで使用されている薬剤について、過酸化水素・過酸化尿素といった成分が配合されています。

過酸化水素は、歯周病などの治療に用いられている薬剤で、消毒剤であるオキシドールにも含まれている成分です。

アメリカの食品医薬品局であるFDAが安全性を認定している薬剤であり、国内でも歯科大学など各研究機関で安全性を保障している成分であるため、使用にあたって安全性を不安視する必要はないと言えます。

しかし、前述のように、知覚過敏などの副作用が少なからず発生してしまう場合もあるため、不安な方は施術前に歯科医師へ相談してみることをオススメします。

ホワイトニングにある誤解と虫歯について

ホワイトニングに対するイメージについて、少なからず誤解をお持ちの方もいらっしゃると思います。

ホワイトニングの副作用として、一時的に知覚過敏を発症してしまう方もいらっしゃいますが、歯を痛めるような施術ではありません。

また、「ブリーチング」や「漂白」というイメージから歯を溶かして虫歯になりやすくなるという誤解もありますが、ホワイトニングは歯を溶かす訳ではないため虫歯との因果関係はありません。

虫歯をすでに持っている方がホワイトニングを受ける場合、ホワイトニングの薬剤が虫歯治療のための詰め物に影響を与えて歯の密着度を弱めてしまうことがありますので、虫歯治療後にホワイトニングへ進むことをオススメします。

ページトップへ